「親なきあと」お役立ち情報

お子さん名義の口座にお金を貯めていませんか?




親が元気なうちから考えるお金の管理の方法

「障害のある子が将来困らないだけのお金を残したい」という思いで、お子さん名義の金融機関口座を開設し、親御さん自身がお金を貯めている方も多いのではないでしょうか。 今回は、いわゆる名義預金と「親なきあと」における注意点について、確認していきます。


名義預金とは

まず、名義預金とは何かを確認していきましょう。名義預金とは、「口座の名義人」と「実際にお金を出した人(お金の出所)」が異なる預金のことです。 よくあるケースは、障害のあるお子さん名義の口座に、親御さんがお金を入れているというものです。ポイントは、そのお金の原資(出所)が親御さんであるということです。この場合、名義はお子さんとなっていますが、実態としては、親御さんがお金の出所ですので、「親御さんの預金」と同じです。




名義預金が問題となるタイミング

この名義預金をしていると、将来的に困るタイミングがいくつか考えられます。想定しうる問題を確認していきましょう。

お子さんが成年後見制度を利用するとき 将来的に、お子さんが成年後見制度を利用するとき、家庭裁判所に対して、お子さん名義の通帳のコピーを提出することになります。 その際、日常の収支以外に大きな動きがあると、その根拠を求められることがあります。名義預金が絶対に指摘されるわけではありませんが、場合によっては不適切な管理(特にイレギュラーな出金がある場合)と判断されてしまうことがあります。そうなると、例えば親御さんを候補者として成年後見利用の申立てをしていても、適切な管理を期待できないと判断され、第三者が成年後見人に就任する可能性も考えられます。もちろん、可能性の話ですが、このように思いがけないタイミングでデメリットとなってしまうことも考えられますので、お子さんと親御さんのお金は分けて管理しておきましょう。 親御さんが亡くなられたとき つぎに、将来、親御さんが亡くなられて相続が発生するタイミングです。名義預金の原資(出所)が親御さんの場合、その預金については親御さんの相続財産となります。 親御さんが亡くなられたとき、亡くなった人(被相続人)の財産が相続税の対象になります。そこで、名義預金について、お子さんの名義を借りただけの親御さんの預金とみなされてしまうと、実質的には親御さんの財産であるとして、相続税の対象になってきます。この名義預金は、名義の名前と本当の持ち主が違うことから被相続人の財産から漏れやすくなります。税務調査の対象になりやすいため、注意が必要です。 基本的な考えとして、「親なきあと」における相続については、親御さんが元気なうちに安全・確実に引き継ぐことができる準備をするのがポイントです。親御さんが亡くなられてから不明瞭な点があると、お子さんはもちろん、残された相続人が困ってしまいます。では、一体どう管理すればよいのかを確認していきます。



管理の方法

銀行印を分けておく まずは、親御さんとお子さんの銀行印を分けて登録しておくことをおすすめします。同じ銀行印ですと、名義預金と判断されてしまう可能性が高くなります。 必要以上のお金を入れない 基本的には、お子さん名義の口座についてはお子さん固有の収支のみの出入りにしておくのが安全です。例えば、収入については、障害年金、給与(賃金・工賃)とし、支出については、施設利用料(家賃・食費・水道光熱費・お小遣いなど)です。 もし、本人の収支が赤字になってしまい、親御さんの原資から追加する必要がある場合は、一度にまとまったお金を入れるのではなく、贈与というかたちをとるのがよいでしょう。生前贈与の基礎控除額である年間110万円の範囲であれば問題ありません。 別の視点で、親御さんがお子さんの口座にまとまったお金を入れてしまい、将来的に親御さん自身の老後の生活にかかる費用(介護・医療・葬儀)が足りなくなってしまうことも考えられます。 以上の理由により、銀行印は分けておき、必要以上のお金を入れないという管理方法をおすすめします。


まとめ

いかがでしょうか。障害のあるお子さんのために名義預金をしている親御さんは多いかと思います。管理の方法によっては、将来思わぬトラブルになってしまうことが考えられますので、親御さんが元気なうちに整理し、安全かつ確実に親御さんの財産を引き継ぐための準備をしていきましょう。



#親なきあと #相続税 #贈与税 #障害者控除

▼「親なきあと」の総合相談窓口▼


お問い合わせはこちら