「親なきあと」お役立ち情報

遺言書はどこに保管するの?

遺言書を作成する前に

 遺言書の保管については、自筆証書遺言と公正証書遺言で異なります。作成を検討している方は、下記を参考にしてみてください。



せっかく書いた遺言書が無効になる?

 まず前提として、自筆証書遺言は、原本が1部しかありません。そのため、紛失してしまえば、せっかく準備した遺言書がなかったことと同じになってしまいます。なお、もしコピーが残っていたとしても、原本がなければ遺言書として使用することはできませんので、ご注意ください。

自筆証書遺言を作成する場合

 自筆証書遺言を作成する場合、貸金庫を借りている方であれば、秘密が厳守できる、紛失・焼失などのリスクが少なくなる、発見されずに終わるなどの可能性が低いという点で、貸金庫での保管が適しているかもしれません。

 ただし、貸金庫を開けるための手続きに時間がかかるため、初期段階で遺言書を読んでもらえるとも限りません。そのため、法事や納骨についての指示など、死後速やかに相続人に伝えたいことがある場合には、適していないでしょう。

 そのような場合、信頼できる相続人や親族、専門職(司法書士・行政書士等)に預けておく方もいらっしゃいます。自筆証書遺言を作成する場合は、実際に親御さんが亡くなった後、遺言の内容が執行されるまでのキーパーソンを考えておくとよいでしょう。

 


公正証書遺言がオススメ

 公正証書遺言の場合、遺言書が存在するかどうかの照会ができますし、公正証書で作成した事実があれば、利害関係人からの請求で何度でも公証役場が再発行してくれますので、心配はいりません。特に、相続人である障害のあるお子さんの権利を守り、安全かつ確実に財産を残すためにも、公正証書遺言をお勧めいたします。

 

#親なき後 #遺言

▼「親なき後」のお悩みは、福祉と法律の専門家にご相談ください▼


お問い合わせはこちら

「親なき後」さぽーとねっと

行政書士事務所はばたき

社会福祉士・行政書士  山口 翔多

「親なきあと」の総合相談窓口

​特定非営利活動法人はばたきソーシャルワークス

〒350-0035 埼玉県川越市西小仙波町1-3-19-102

  049-202-2680

​   【受付】9:00~19:00(月~土)

Copyrights 特定非営利活動法人はばたきソーシャルワークス All Rights Reserved.